アーバンプロジェクトでは住宅・リフォーム・耐震診断・補強工事・住宅検査を建築主の立場で行います!
メッセージ
会社案内
サービス案内
施工実績
お客様の声
概算算出ソフト
料金体制
FAQ
ブログ
メルマガ
リンク
こんなこと
そこが知りたい
こんなこだわり
プライバシー
お問合わせ
HOME
トップ > FAQ
FAQ
工事が始まって、工事中の職人さんへのお茶出しはどうしたらよいのですか?
職人さんたちは、仕事の切れ目に休憩を取ります。自分のペースがございますので、お気持ちは大変ありがたいのですが、弊社で管理させていただきますので気を使わないでよろしいですよ。
建て売り住宅の内覧会に、一級建築士なり評価員資格を有した方に同行してもらいたいのだが可能ですか?
同行調査も実施しています。 費用の目安は、\30,000-プラス消費税と交通実費。
正式な報告書が必要な方は、プラス¥10,000-
伺えない場合は、チェックリストを差し上げます。
マネジメント業務を依頼して、既に他社から出ている見積もりよりも安くならない場合はど うなるのですか?
当社が見積もり徴収すれば確実に金額を抑える事ができます。
もし、現在の金額より下がらなかった場合は業務報酬は頂きません。
分譲住宅地の購入後、建物を建設するにあたり、敷地調査をお願いできないでしょうか?
内容をお伺いすると、登記測量 図などはお持ちの様なので、実際にどのぐらいの建物が建てられるのかと、法的に問題の無い土地であるかのチェックを行う簡易土地診断が適していると考えます。実施させていただきます。
仕上がりの悪い内装工事に対しクレームをつけたらこんなものだと言われました。
まず、仕上がりが悪いのが単に腕が悪いのか、手抜きなのか、躯体が原因なのかを整理する必要があります。そして、検査を行う場合は、できれば利害関係にない第三者に 実施してもらうほうが良いでしょう。
ただ、その検査結果の使用目的を事前に把握しておかなけれ ばなりません。訴訟に使用する場合は、検査ではなく鑑定書が必要になります。 その場合は、建築紛争の経験豊かな弁護士さんと相談するこ とをお勧めします。
このたび欠陥住宅被害関東連絡協議会が弁護士さんの発起により 設立されました。紛争処理の経験が豊かでありますので、 建築駆け込み寺よりご連絡致します。
弊社は、このようなトラブルを防ぐために事前に工事中の検査や監理の重要性をアピールしています。
紛争処理が目的ではなく、欠陥を造らない予防と現場監理の 重要性をアピールしています。
他社で工事を行ったが色々不具合があり、欠陥住宅ではないか調査してほしい。
欠陥ネットの会員である弊社は、過去に調査報告書を作成させていただきました。現在は欠陥ネットの専門担当者をご紹介しております。裁判まで進むと依頼主も時間と労力で精魂疲れ果ててしまいます。勝訴判決がでても、100%はありえませんでした。裁判長の判決も最終的には、常にその工事会社に発注した依頼者の落ち度を指摘しております。
そのようなことを繰り返していただきたくないために、安さにつられての発注にはご注意願います。同程度の工事内容の仕事であれば、各社それほどの差は無いと思われます。極端に安いということは、それなりの内容である可能性がありますのでご注意ください。
信頼できるところや過去のお客様にお聞きするのがよろしいかと思います。
現在の設計について、(金額と比較して?) 問題がないか、など審査をお願いする事は可能ですか?
まず、最低限の図面(配置、仕様、平面 、立面、断面、詳細図など を準備いただく必要があります。
図面がない場合は、問題点を把握することは当方も至難の技です。 自分の希望する建物であるか。また、将来設計にも対応できるかもう一度チェックしてください。
その後は、どのレベルの建物を希望しているのかをお聞きした上 で、構造や基礎、断熱などの助言はできます。
こちらの希望や仕様どおりに建築されるかを チェックして頂く事は可能ですか?
住宅性能保証などの申請はされていますか。使用できないので あれば、ご要望にあわせた検査は可能です。
検査と現場監理とは意味が違うことを今一度ご理解ください。 信頼のできる大工さんの場合は、あまりうるさくチェックすると現場のやる気が喪失します。 その場合は、ねぎらいの気持ちが大事であると思います。
信頼のできない工務店の場合は、ある程度チェックの目を光らせ たほうがよろしいと思います。
マンションの大規模修繕を提案されましたが 修繕積立金が不足しており各戸で持ち出しに なるそうです。不満の声が・・・。
長期修繕計画はいつ作成されたものでしょうか。
しばらく前の長期修繕計画でしたら、現在の建物の劣化調査を行 い、それに合わせた長期修繕計画を練る必要があると思います。弊社の長期修繕計画に対する考えは、今まで10年ごとに3回修繕を計画していたら、できれば15年ごとに2回行ったほう良いと考えて います。ただ、現状の建物の状態によりますが、ひどく劣化している場合や 緊急を要する部分がある場合はこの限りではありません。
それほどひどくないのに何でも勘でも修繕しようとは考えず、必要 とする部分を良く見極めることが必要と思います。
まずは、建物の健康診断を行ってください。また、工事費についてはコンストラクション・マネジメント方式を採用することにより、居住者さんに対して業者選考が透明になり、理事長さんに疑惑がかからずいやな思いをしないですみます。 これで、管理組合さんの肩の荷が軽くなり、工事費が削減されま す。
過去に実施した例では、当初予定していた負担金はゼロにすることができました。
家を建てようと考えているのですが、住宅展 示場へ行ったほうが良いのでしょうか?
まず、ご自分がどんな家を建てようと考えられているかもう一度、ゆっくり検討されることをお勧めします。
よく、金利が数%上がるからとあせって契約される方がいますが、家は一生ものですので、目先にとらわれないほうが良いと思います。 満足行かない家に一生住みつづけるほうが苦痛では無いかと思います。 家造りのコンセプトがある程度固まってきたら、書籍を読むなどして少し知識を高めたほうが良いと思います。 気をつけたいのは、あまり知識を詰め込みすぎて混乱することです。
その後は、あなたの希望する家に一番近いアプローチをすることです。
・やはり、大手の規格型住宅が良い人は→ハウスメーカー
・とにかく安い家をご希望の人→ちらしや広告を見比べて選んでください。(多少のリスクはやむをえない)
・通常の在来住宅で建てば良いと思っている人→地元の工務店
・とにかくデザインが一番の人→設計事務所
・分離発注で自分で各業者と契約し工事費を下げながら、設計事務所も入れたい→オープンネットの設計事務所
・いろんな案を見て決めたい→コンペサイトへ
・上記のどこにも当てはまらない人→弊社にご相談ください
・工事費の削減を考えながら、設計を入れ、工事終了まで削減を考えたいが全部分離発注は不安で面 倒くさい人は→最後に弊社にお越しください。
マンションの補修工事は、小規模でもマネジ メントをお願いできますか?
また、その場合の 費用はいくらかかるのでしょうか。
小規模の修繕工事もマネジメントしています。
費用は、今お持ちの見積もり金額がスタートです。(但し、ご自分で価格交渉をされてすでに値引きを要求した見積書の場合は2倍になります。)弊社で、内訳明細書を作成し各専門工事会社より見積もりを徴収します。
出てきた見積書をそのままお渡ししますので、その中から業者選考してください。いただく手数料は、スタート時点の金額から最低見積もり金額の差額の30%をいただいています。その他の経費は実費でいただきます。(その他の経費とは、見積もり数量 を積算する場合積算料、発注説明会の会場費や費用、新聞掲載の場合は掲載料、各企業の信用調査料、郵送料などの実費です。)
インターネットを利用した、なるべく経費をかけない方法もありますが、工事規模により方法は決定しています。
弊社手数料+実費経費を引いても、差額の70%から50%ぐらいは、お客様に戻る計算です。
ぜんぜん下がらない場合は、実費のみご負担いただき、弊社手数料はいただきません。(あまりありませんが・・・。)
相談に伺った場合はいくらかかるのですか。
メールでの相談は無料です。
打ち合わせを要する相談や現場に出向く場合は実費をいただいています。およその目安は1時間あたり一人¥8,000-プラス経費です。経費分はお客様の逆オークション方式です。役に立ったと思われた分をお払いください。役に立たなかったらゼロでも構いません。しかし、どんな業務を依頼されるか最初の相談はお互い分かりませんので、初回相談は無料です。
業務についての打ち合わせは、全て無料です。
お間違いの無いように。コンサルタント的相談は有料です。ご了承ください。
分譲住宅地の購入後、建物を建設するにあたり、敷地調査をお願いできないでしょうか?
内容をお伺いすると、登記測量 図などはお持ちの様なので、実際にどのぐらいの建物が建てられるのかと、法的に問題の無い土地であるかのチェックを行う簡易土地診断が適していると考えます。実施させていただきます。
分譲住宅地の購入後、建物を建設するにあたり、敷地調査をお願いできないでしょうか?
内容をお伺いすると、登記測量 図などはお持ちの様なので、実際にどのぐらいの建物が建てられるのかと、法的に問題の無い土地であるかのチェックを行う簡易土地診断が適していると考えます。実施させていただきます。
分譲住宅地の購入後、建物を建設するにあたり、敷地調査をお願いできないでしょうか?
内容をお伺いすると、登記測量図などはお持ちの様なので、実際にどのぐらいの建物が建てられるのかと、法的に問題の無い土地であるかのチェックを行う簡易土地診断が適していると考えます。実施させていただきます。
▲ページの先頭へ
| プライバシーポリシー | お問合せ |
copyright(c) URBAN PROJECT CO ,LTD 2001-2005 All right reserved.